人気ブログランキング |

2013年 02月 27日 ( 1 )

『受け入れる』

かんじゅせい【感受性 affectivity】
外界からの感覚的,感情的な働きかけを受けいれる,人間の心の能力あるいは状態。大別して,認知的感受性と情動的感受性との二つがある。前者は,感性知覚にもとづいたもので,色彩,形,音の特性,匂いや香りについての感覚を豊かにしてくれ,この場合には感覚性とも呼ばれる。後者はより全体的なもので,快楽や苦痛の感情を受けいれる能力あるいは状態のことであり,この場合には感情性とも呼ばれる。またこの両者を含んだ感受的な心的事実の総体をさす場合には,感性とも呼ばれる。


ちょっと難しく長くなりましたが・・・

要は「外界からの感覚的,感情的な働きかけを受けいれる」

または「快楽や苦痛の感情を受けいれる能力あるいは状態」

の『受け入れる』。


それがスムーズに出来ていないから、くるしい。

自分の感じたこと(感情)を理解しづらい。

それが「感受性が豊かな人は生きづらい」ということ。

正確に言うと「自分で受け入れられないくらい感受性の高い人が生きづらい」。


「表現(芸術的表現)」とは、それらの「受け入れ難い」感覚を受け入れる、一つの(唯一つの)方法。

それがあるから、生きていける。

生きづらい人でも、生きていけるんだ。
by mitsuo-camrallia | 2013-02-27 00:41 | Comments(0)

心の色 光生写真館 高橋光生フォトギャラリー


by mitsuo-camrallia
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28